日本人が少ないミネラル補給に

日本人が少ないミネラル補給に

牡蠣は体の殆どが内臓で、海水をたっぷりと含んでいます。そのためミネラルが豊富で、土壌にミネラルが少ない日本人の重要なミネラル補給源となっています。

 

■ 軟水ではミネラルが摂取できない
日本の土壌にはミネラルが少なく水は軟水となります。水道水や市販のミネラルウォーターを利用しても、日本の水の場合はミネラルがあまり含まれていません。

 

■ 野菜のミネラルも減少傾向に
農薬や化学肥料などの影響で日本の土壌は痩せてきているといわれています。以前と同じように野菜を食べてもミネラルの量が少ない傾向があります。そのため現代人はサプリメントなどでミネラル補給を心掛けたり、牡蠣のような魚介類で積極的に摂る必要があります。

 

■ 牡蠣に含まれるミネラル
牡蠣にはカルシウム、カリウム、リン、鉄、ヨード、亜鉛、マンガン、マグネシウムなどが含まれています。海に含まれるミネラルがたっぷりと入っているといっても良いでしょう。これらがバランスよく含まれているため、ミネラル単体のサプリとは違い特定のミネラルだけが過剰摂取になることはありません。

 

■ 酵素の働きを助ける亜鉛
なかでも食品の中でトップクラスなのが亜鉛です。亜鉛は酵素の働きを助けたり、タンパク質合成にも必要となる成分です。